中国旅行

龍勝の棚田

龍勝とは?

龍勝龍脊棚田景区は桂林市の北東部、約100キロの場所にある観光地。 広西桂林龍勝県和平郷の龍脊村、平安村、大寨村からなり、 龍勝県から約28キロのところにあります。 約77平方キロメートルの広大な棚田は、壮(チワン)、瑤(ヤオ)族が元の時代から作り始め、 清の時代に今の姿になりました。すでに700年の歴史を持つ芸術品です。

龍勝へ到着

広州から飛行機とバスで3時間かけて到着しました。

ヤオ族のおばさま

耳もイヤリングが重くてぶらさがっています。 皮が伸びれば伸びるほどいいらしい。また天下一の長髪村でもあり髪の長さは120センチ以上もあるそうです

ヤオ族の村にあった吊り橋

ヤオ族の村にあった吊り橋、古くてギシギシ鳴っていて…恐いです!!。向かい側に 見える建物は、ヤオ族が暮らしてる家やお店。

「危険!揺らさないで!」の看板もあり
龍勝のかごタクシー

時代劇でお侍さんが乗ったりする籠(かご)のような乗り物です。 いわゆる人力タクシーみたいな感じです。前後で2人で持ち抱え歩きます。坂の多い地形のためタイヤでは不便なのでしょう。骨が折れますね、ご苦労様です。

お土産

龍勝の棚田に登る

いよいよ棚田頂上へ出発

いよいよ棚田の頂上を目指して出発!この辺は、まだ棚田の入口でゆるやかな道ですが…段々と恐ろしい道に

棚田の斜面に建つたくさんの民宿

少し上ったところからは、棚田の斜面に建つたくさんの民宿が見えます。!近年、棚田が観光地化されて、続々と民宿とかが建ったそうです。民族的な建築様式なのでしょうか。

今回の宿平安酒店

写真左の民宿が今回宿を取りました「平安酒店!」。沢山の地元中国の観光客と共に欧米からの観光客も多くいました。

少し上ると棚田が見えてきます。夕暮れの棚田。なんかやっぱり日本の田園風景に似ている気もします。

棚田の中の土産屋

しかし登りがキツイ!こんなにつらい中国旅行は初めて!とも言える苦しさです。時折あるお土産屋さんを眺めて疲れを取りまた登ります。

きつい上り坂

登りがキツイです!もうすぐ頂上、がんばれ!がんばれ!

棚田頂上の石碑

やりました!ついに頂上、石碑をパシャリ!ここからしばしキツイ階段のぼりのご褒美タイム、絶景が広がります。

圧巻の棚田風
感動的な棚田

目の前には圧巻の棚田風景が広がります。来た甲斐あった、と感動です。!眺めは最高!
の模様!美しい!実物は写真以上に綺麗でした。
遠くの山との対比もおもしろいです。

龍勝の風景

斜面に張り付くような建物

斜面に張り付くように建つ建物

竹の炊き込みご飯

棚田の竹を使った、炊き込みご飯をいただきます。もちもちで美味でした~。
4本を圧倒間に完食!

籠を背負った女性

なにやら籠を背負った女性

カゴを背負ってる女性3人はいったい何を運んでいるでしょう? 正解は!観光客の荷物を20元(約300円)でホテルからバスが止まってるとこまで運んで くれます!

 

 

 

 

 

チャイ語なびで近くの中国語教室を探そう

中国語を理解できるともっと楽しくなります。
あなたの近くの中国語教室を探しませんか?

中国語教室を探す